ハイドロキノン配合のクリーム

ハイドロキノン配合のクリーム

美白作用の高いハイドロキノンクリームを探しているけど、種類がありすぎてどれを使おうか迷っているあなた。ハイドロキノンの本当の実力を実感するためには化粧品ではなく治療薬が有効なんです。

美白を意識する女性ならハイドロキノンという言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、強力な美白作用を持つハイドロキノンは今では化粧品や治療薬と様々な場所で使用されています。

でも本当のハイドロキノンの美白効果を感じられるものはごくわずかで、化粧品などはハイドロキノンも入っていますという商品が多いのも事実です。

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンとは

ハイドロキノンという成分は肌の漂白剤とも言われ、元々、写真の漂白など工業用に用いられていた漂白剤でした。

あまりに強力な漂白作用があるために、肌にも使えないのかと安全性の研究が進み、濃度を押さえたハイドロキノンならリスクも少なく肌にも使用できるという事が分かりました。

ハイドロキノンは既に出来てしまったシミ、黒ずみを漂白する効果があり、更に肌の奥で眠っているシミ予備軍と言われるメラニン色素やチロシナーゼも漂白しますので、シミ消しだけでなく、シミができにくい肌、予防効果もあります。

ハイドロキノンの効果を高める方法

ハイドロキノンの効果を高める方法

ハイドロキノン単体でも美白効果はありますが、トレチノインと併用することで、美白の相乗効果が生まれ、美白力が格段に上がります。

美容クリニックでも推奨される治療法で「トレチノインハイドロキノン療法」という名前で東大の美容外科でその作用が発表されてから、美容業界に一気に広まっていきました。

トレチノインは肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促進して、新しい肌を通常よりも早いスピードで作り出していきます。

古い肌と一緒に、メラニン色素や色素沈着を角質層に持ち上げていき、古い肌と一緒にポロポロと剥がす効果があります。

一方、ハイドロキノンは、持ち上がってきたメラニン色素にしっかり届き、漂白してくれる作用がありますので、肌の内側と外側からシミや黒ずみの原因のメラニン色素を消す仕事をしてくれます。

トレチノインハイドロキノンの注意点

トレチノインハイドロキノンの注意点

トレチノインは妊娠中や授乳中の女性は使用することができません。

これは癌や白血病の治療で使用されるトレチノイン内服薬(飲み薬)に、催奇性のリスクがある事が発見されたからです。

美容に使用されるトレチノイン外用薬(塗り薬)では、催奇性の報告は1件もありませんが一応、念の為に妊娠中や授乳中の女性は使用を控えた方が良いと言うことです。

また、治療中はトレチノインの肌を早く作り出す効果で皮膚は異常に乾燥しますので、いつも以上の保湿ケアが必要になります。

皮膚もうすくなりますので、その間に肌に刺激を与えてしまうと色素沈着や肌トラブルの原因になりますので、治療中は冬でも紫外線対策をして、摩擦などの刺激を与えないように注意します。

メイクは普通に出来ますので安心してくださいね。

トレチノインハイドロキノンには

トレチノインハイドロキノンには

トレチノインハイドロキノン療法に使用するハイドロキノンは、amazonや楽天市場、マツキヨなどドラッグストアで市販されている化粧品や自然派化粧品などでは効果があまりありません。

市販のランキング上位だからと言って、ドクターシーラボやエルシーノ(lesino)ピンポイントクリーム、shq-1クリーム肌真珠5%、プラスキレイなどのハイドロキノン配合化粧品を購入しても治療薬ではありませんので、オススメは出来ません。

またトレチノインは日本では医薬品に指定されていますから、一般には市販されていません。

美容皮膚科や美容クリニックに行き、処方して薬局で購入することが出来ますが、医療保険の適用外なので、費用はかなり高額になります。

トレチノインハイドロキノン療法の治療には、治療薬を格安で購入したいならば、個人輸入の通販サイトで海外の医薬品を購入することがコストパフォーマンスを考えると効果的です。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンには高濃度になると副作用がありますので、あまり高濃度のハイドロキノンを使用するのはやめましょう。

日本人の肌にはハイドロキノン5%までだと副作用のリスクはほとんど心配ないと言われていますが、ハイドロキノンクリーム5%以上になると副作用のリスクが急激に上がります。

ハイドロキノン初心者ならば濃度は2~4%程度の治療薬を使用する用にしましょう。

トレチノインハイドロキノンを購入するなら

トレチノインハイドロキノンを購入するなら

トレチノインハイドロキノン治療薬を購入するなら、美容クリニックや美容皮膚科に言って処方してもらうことが一番ですが、先ほども言ったように、この場合費用がかなり高額になります。

一般的には美容クリニックの場合、トレチノイン治療薬とハイドロキノン治療薬を1ヶ月分購入すると3万円~5万円が相場です。

通常、3ヶ月を1クールで美白治療するトレチノインハイドロキノン療法ですので、これでは治療を継続するにも費用的にかなりの負担になります。

格安で治療薬を購入するなら、海外個人輸入の信頼できる通販サイト「オオサカ堂」がオススメです。

オオサカ堂では、ハイドロキノン4%の治療薬ユークロマクリームが20gで1,400円程度、トレチノイン0.1%の治療薬スティーバAが25gで4,500円程度で購入でき、美容クリニックの10分の1程度で購入することができます。

オオサカ堂は業界最安値はもちろん、個人輸入なのに全国送料無料、ポイント還元、セット割引もあり、消費者にとってお得なメリットがたくさんあり、利用する方が最も多い通販サイトで信頼と実績もあります。

海外発送なので商品到着まで1~2週間かかりますが、発送後はリアルタイムで配送状況の確認をネットでできますので、安心して商品到着を待つことができます。

美容クリニックで相談のうえ、高額な治療費を払うことが一番ですが、トレチノインハイドロキノン療法を自分で勉強して、治療薬の費用を抑えることも可能です。

あなたもオオサカ堂を利用して、気になるシミや黒ずみの美白治療を自宅で実践、コンプレックスを解消してみませんか?

いまユークロマとスティーバAよりコスパが良いと話題のBIHAKUEN!
【超お得!】BIHAKUENトレチノインとハイドロキノン最安値はコチラ

 

【スティーバAは発売終了になりました】
【ユークロマクリーム最安値はコチラ】

 

Eri Sugawara

Eri Sugawara美容ライター

投稿者プロフィール

福岡県出身。美容ライター。
自身の悩みを克服した経験を元に美容アドバイザーとしても活躍中。

この著者の最新の記事

関連記事

いま注目されている記事

  1. 乳首が黒ずみになる原因は?
    あなたは乳首の黒ずみの原因を理解していますか?女性の悩みで第1位の「乳首の黒ずみ」を解消する方法を知…
  2. ハイドロキノンを処方する皮膚科や美容クリニック
    シミ、そばかす、肝斑、くすみが気になり、ハイドロキノン治療を始めようと美容皮膚科や美容クリニックを調…
  3. 乳首の黒ずみを解消するには
    女性の悩み、乳首の黒ずみを解消する方法は、トレチノインとハイドロキノンを併用した自宅でできる治療法が…
  4. ルミキシルブライトニングクリームの効果と最安値通販は
    人気の海外ブランド美容美白化粧品ルミキシルシリーズで一番の人気なのが、「ルミキシル(lumixyl)…
  5. 色素沈着とハイドロキノンについて
    色素沈着による黒ずみの悩みを解消したいなら、美白化粧品を使うのではなく、トレチノインハイドロキノン療…
  6. ユークロマクリームを通販最安値で購入するなら
    ハイドロキノン配合のユークロマクリームが美白、シミ消しにどれほどの効果を発揮するか、あなたは知ってい…
  7. 乳首の黒ずみの原因を探しているあなたへ伝えたい事があります。乳首の黒ずみの原因は決して「遊んでいる女…
  8. 乳首の黒ずみを解消する方法を具体的に言うと
    女性誌の読者アンケート「あなたの身体の悩みは何?」でお悩み第1位だった乳首の黒ずみ。あなたも実は隠れ…
  9. 美容整形や美容外科クリニックで施術されているダーマローラーは、正直ビックリするような効果がでますが、…
  10. トレチノインで毛穴のデコボコ肌を解消するには
    ニキビの原因となる毛穴の汚れ、黒ずみを解消したいけど、何をどうすればいいのか迷っていませんか?効果の…

オオサカ堂ランキング

ピックアップ記事

  1. 2017-3-2

    アドバンテージDX媚薬の通販も最安値のオオサカ堂

    セックスレスで悩んでいたり、感じないセックスにサヨナラしたいなら、媚薬の「アドバンテージDX」を使っ…
  2. 2017-2-3

    ヒルドイド軟膏を市販で購入したいなら│通販が可能な魔法の保湿クリーム

    乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎に効果的な保湿クリームとして使用されるヒルドイド軟膏ですが、実はその…
  3. 2017-1-27

    プラセントレックスの効果は使い方が重要!話題のヒューマンプラセンタはお肌の万能薬

    乾燥肌や敏感肌など、女性なら常に気になるお肌のいろいろなトラブル。多くの女性がお肌の調子で悩んでいる…
ページ上部へ戻る