トレチノイン副作用とハイドロキノン

トレチノイン副作用とハイドロキノン

トレチノイン副作用が気になって心配で使えないという女性は、正しい知識をしっかり調べずに、安全にトレチノイン治療薬を使う方法を知らないからですか?

トレチノインの副作用の由来は?

美白治療薬として話題のトレチノインとはビタミンA誘導体(レチノイン酸)の一種で、ビタミンAのレチノール(パルミチン酸レチノール)の100倍の薬理作用があると言われています。

もともと、抗癌剤、白血病細胞の治療薬として開発されたトレチノインを含む内服薬(ベサノイド等)が、レチノイド(ビタミンA)の脂溶性が強く、体内に長期間蓄積されて、服用後から最低2年間は男女とも妊娠につながる性行為と、献血をしてはならない事と言われています。

この副作用については内服薬の場合、催奇形成の危険性があると言われていますが、外用薬(塗り薬)の場合、催奇形成の心配はほとんどないのですが、一応念のために妊娠中、授乳中の女性は使用を控えるようにしてください。

トレチノインの効果と特徴は?

トレチノインの効果と特徴は?

もともとビタミンA誘導体は血液中に微量にある成分ですので、アレルギー反応などの副作用はなく、微量であればなんの問題もありません。

トレチノイン外用薬はリスクよりも効果の方が強力で、シミ、そばかすだけでなく、肝斑、シワ、たるみ、若返り、ニキビの治療にも効果があると期待されている治療薬です。

肌の新陳代謝を高め、新しい皮膚を作り出し、ターンオーバーを促進し、ピーリング効果もあり、メラニンや色素沈着を肌の角質層から押し上げ、古い角質と一緒に剥がして消します。

トレチノイン使用中3~5日目くらいに初期症状で、赤みや炎症が起こりますが、これは副作用ではなく好転反応という状態で、トレチノインが効いている証拠ですので、トレチノインを使い続けていれば自然と引いていきます。

ハイドロキノンと併用すると効果的に

ハイドロキノンと併用すると効果的に

またハイドロキノンと併用することで、赤みが出た時の色素沈着のリスクを軽減し、新たなメラニン色素の生成も抑え、肌の鎮静効果もありますので、ハイドロキノンと併用すると美白の相乗効果が高まり非常に効果的です。

美容クリニックや美容皮膚科でも処方され購入出来ますが、個人輸入代行の通販サイトの約10倍程度(3~5万円)の費用がかかります。

個人輸入代行の信頼ある格安通販サイト「オオサカ堂」では、注文後に香港やシンガポールから直送されますので、品質も問題ありませんし、効果も同じく変わりません。

購入するならトレチノイン0.1%配合のBIHAKUENトレチノインとハイドロキノン4%配合のBIHAKUENハイドロキノンを併用すると効果的です。

トレチノインハイドロキノンを購入する前に【2018年度版】トレチノインとハイドロキノン比較ランキングで失敗しない治療薬をチェックして♪

【2018年度版】トレチノインハイドロキノン比較ランキングはこちら

 

Eri Sugawara

Eri Sugawara美容ライター

投稿者プロフィール

福岡県出身。美容ライター。
自身の悩みを克服した経験を元に美容アドバイザーとしても活躍中。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る