ハイドロキノンでシミを美白する方法とは

ハイドロキノンでシミを美白する方法とは

シミが気になってハイドロキノン配合の化粧品を試したけど、効果を実感できないと思っているあなた。ハイドロキノンの本当の実力を知らないまま、ハイドロキノンは効果がないと言わないで。

ハイドロキノンと言えば、シミ、そばかす、乳首の黒ずみなど漂白する美白効果の高い成分、肌の漂白剤とも言われていて、今では多くの化粧品にも配合されています。

しかしハイドロキノン配合の美白化粧品を使用しても、効果が実感できないという人も多いのが現実です。

ハイドロキノンはシミ消しに効果がないと言われている方やアラフォー女子に教えたいのは、ハイドロキノンの効果的な使い方があるのに、それを知らないだけでハイドロキノンは効果なしと言わないで欲しいのです。

ハイドロキノン化粧品について

ハイドロキノン化粧品について

ハイドロキノン配合の美白コスメは、今ではたくさんの種類の化粧品が販売されていますが、配合しているというだけで、本当にハイドロキノンを活かしきれていないものが殆どです。

ハイドロキノンの弱点は、浸透力が非常に弱いと言うことです。

化粧品に配合しても、ハイドロキノンが入っているだけで、浸透力の弱い化粧品はハイドロキノンが効果的に作用しないまま、ただ塗っているだけになります。

もともと人間のお肌は水分が殆どで、化粧品は主に油分ですから、浸透力を高める方法を考えていない化粧品は、肌に浸透することは無く、どんなに有効な成分が含まれていても浮いてしまい汗や皮脂と一緒に落ちてしまいます。

これでは効果を感じることは出来るはずがありません。

ハイドロキノンを効果的に使うなら

ハイドロキノンを効果的に使うなら

ハイドロキノンを効果的に使って、シミ、そばかす、乳首の黒ずみなどを改善したいなら、ハイドロキノン治療薬とトレチノイン治療薬を使用することをおすすめします。

ハイドロキノンとトレチノインを併用することで、お互いの弱点をカバーしあい、美白効果が高まり、相乗効果が生まれます。

トレチノインは肌の新陳代謝を高め、肌のターンオーバーを促進して、新しい皮膚を通常よりも早く作り出しますので、古くなった皮膚をどんどん持ち上げ、角質層から剥がれ落としていきます。

色素沈着していたシミや黒ずみのもとメラニン色素も、表皮まで持ち上げてきます。

そこへ浸透力が弱いハイドロキノンを塗ることで、強力な漂白効果を持つハイドロキノンが通常よりも届きやすくなります。

更にトレチノイン治療薬を塗ることで新しい皮膚を作り出すためにピーリング効果があり、皮膚が通常よりも薄くなっていますので、ハイドロキノンの浸透力は更に高まります。

トレチノインは肌の内部でコラーゲンやヒアルロン酸の生成もサポートするので、新しく作られる肌は、内部からハリや潤い、キメの細かい美しいなめらか肌になってきます。

シミやそばかす、黒ずみを消しながら美白効果も高まるこの治療法は、美容クリニックや美容皮膚科でも推奨される最先端の美白治療法です。

トレチノインハイドロキノンの注意点

トレチノインハイドロキノンの注意点

トレチノインは妊娠中や授乳中の女性は使用することができません。

これには理由があり、癌や白血病で使用されるトレチノイン内服薬(飲み薬)に催奇性のリスクが発見されました。

美容などで使うトレチノイン外用薬(塗り薬)では、そのような報告は1件も無いのですが、一応念の為に妊娠中や授乳中は使用を控えるように言われています。

またハイドロキノンとトレチノインを併用する治療を行うと、最初の2~3週間は肌に赤みが出たり、皮膚がポロポロと剥がれたりします。

これは新しい肌を早く作るうえで、どうしてもさけて通れないところです。

治療中は、皮膚が通常よりも乾燥しますし、皮膚も薄くなるので紫外線などの外部からの刺激にも弱くなります。

治療中に外部から外敵の刺激を受けてしまうと、シミが濃くなったり、厄介な色素沈着の原因にもなりますので、いつも以上の保湿スキンケアと1年中を通しての紫外線対策が必須になります。

このような事があっても、トレチノインハイドロキノン治療法をチェックし、推奨や実践するのは、「シミが消えた」など治療で得られる驚くような美白効果にあります。

多くの女性が保湿ケアや紫外線対策など面倒な事が増えても繰り返し治療を実践するには、それだけのメリットがあるからなんです。

ハイドロキノンを購入するなら

ハイドロキノンを購入するなら

ハイドロキノン治療薬やトレチノイン治療薬を購入するなら、美容クリニックや美容皮膚科で処方してもらい購入するのが一番です。

ですがこの場合、トレチノイン治療薬やハイドロキノン治療薬はかなり高額になります。

通常美容クリニックなどで処方された場合、トレチノイン0.1%が10gで8000円前後、ハイドロキノン4%が10gで6000円程度です。

1ヶ月平均で20g程使用する場合、治療薬代だけでも3~4万円程かかります。

トレチノイン・ハイドロキノン治療法は、赤みが出たり、ポロポロ肌が剥がれ落ちたりしますので、その対処法(主にいつも以上の保湿と紫外線対策)を知らない場合は、美容クリニックなどで相談のうえ、処方してもらうことをおすすめしますが、ネットで学んだ場合や、実際にトレチノインハイドロキノン治療法を実践したことがある場合は、治療薬を格安で購入できる、海外個人輸入の信頼出来る通販サイト「オオサカ堂」がおすすめです。

オオサカ堂では、ランキング上位のハイドロキノン4%治療薬のユークロマクリーム20gが1,400円程度、トレチノイン0.1%治療薬のスティーバA25gが4,500円程度なので、1ヶ月分が5,900円程度と美容クリニックなどの10分の1程度で購入することができます。

オオサカ堂は業界最安値はもちろんですが、個人輸入なのに全国送料無料、ポイント還元、まとめ買いのセット割引など、信頼と実績があり、消費者にとってメリットがかなりあります。

海外発送なので、商品到着まで1~2週間かかりますが、発送後はサイト内でリアルタイムの配送状況を確認することができますので、到着を安心して待つことができます。

ハイドロキノン配合の美白化粧品でも効果がないと悩んでいるなら、あなたも美白効果の高いトレチノインハイドロキノン治療法を試してみませんか?

いまユークロマとスティーバAよりコスパが良いと話題のBIHAKUEN!
【超お得!】BIHAKUENトレチノインとハイドロキノン最安値はコチラ

 

【スティーバAは発売終了になりました】
【ユークロマクリーム最安値はコチラ】

 

Eri Sugawara

Eri Sugawara美容ライター

投稿者プロフィール

福岡県出身。美容ライター。
自身の悩みを克服した経験を元に美容アドバイザーとしても活躍中。

この著者の最新の記事

関連記事

いま注目されている記事

  1. 乾燥肌や敏感肌など、女性なら常に気になるお肌のいろいろなトラブル。多くの女性がお肌の調子で悩んでいる…
  2. ハイドロキノンを超える美白力と話題のルミキシルペプチド配合の美白化粧品「ルミキシル(lumixyl)…
  3. スティーバAの効果を3倍アップする使い方とは
    トレチノイン配合の治療用クリームを美容クリニックや美容皮膚科で購入すると数万円の費用が掛かりますが、…
  4. ダイエットにはオルリファスト
    楽天市場やヤフーショッピング、ビッターズなどのインターネット通販サイトなどで効果のないダイエットサプ…
  5. 乳首の黒ずみの原因を探しているあなたへ伝えたい事があります。乳首の黒ずみの原因は決して「遊んでいる女…
  6. ハイドロキノン市販と通販はどちらがお得なの?
    強力な美白力を持つ美白成分ハイドロキノンを購入するためには医師の処方箋が必要だと思っていませんか?ハ…
  7. ルミキシルの成分とハイドロキノンを比較すると
    アメリカのスタンフォード大学で皮膚研究者達によって開発された美白化粧品ルミキシル。その成分とハイドロ…
  8. 乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎に効果的な保湿クリームとして使用されるヒルドイド軟膏ですが、実はその…
  9. トレチノインハイドロキノンの効果とは?
    強力な美白成分を持ち、皮膚の漂白剤とも言われるハイドロキノンの効果は、既に知られています。 し…
  10. トレチノインとハイドロキノンで美白の相乗効果に
    美白治療法のトレチノインハイドロキノン療法を知っていますか。 美容クリニックや美容皮膚科でも推…

オオサカ堂ランキング

ピックアップ記事

  1. 2017-3-2

    アドバンテージDX媚薬の通販も最安値のオオサカ堂

    セックスレスで悩んでいたり、感じないセックスにサヨナラしたいなら、媚薬の「アドバンテージDX」を使っ…
  2. 2017-2-3

    ヒルドイド軟膏を市販で購入したいなら│通販が可能な魔法の保湿クリーム

    乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎に効果的な保湿クリームとして使用されるヒルドイド軟膏ですが、実はその…
  3. 2017-1-27

    プラセントレックスの効果は使い方が重要!話題のヒューマンプラセンタはお肌の万能薬

    乾燥肌や敏感肌など、女性なら常に気になるお肌のいろいろなトラブル。多くの女性がお肌の調子で悩んでいる…
ページ上部へ戻る