トレチノイン軟膏と通販最安値は

トレチノイン軟膏と通販最安値は

美容クリニックでトレチノイン軟膏(クリーム)を処方して購入すると、保険適用外でかなり高額になるために、トレチノイン・ハイドロキノン治療法を躊躇していませんか?

トレチノイン軟膏(クリーム)と通販サイト

トレチノイン軟膏(クリーム)と通販サイト

トレチノイン配合の治療薬は、美容クリニックや美容皮膚科で診察してもらい処方してもらうことで購入できます。

美容クリニックや美容皮膚科で処方される場合、保険適用外になりますので、あまりにも高額で、例をあげるとトレチノイン0.1%配合のトレチノイン軟膏が10gで8,400円程で購入することになり、ハイドロキノン4%は10gで6,300円程でした。

ただトレチノインとハイドロキノンを海外個人輸入の通販サイトで購入すると、トレチノイン0.1%が20gで3,000円程度、ハイドロキノン4%が20gで2,500円程度と格安で購入することができます。

その為、最初は美容クリニックで処方してもらっていた場合でも、海外個人輸入の通販サイトを利用する人が激増しているのです。

実は私もその一人ですが・・・。

正しい情報収集で自己責任でも安全に治療できました

正しい情報収集で自己責任でも安全に治療できました。

確かに美容クリニックで処方してもらったほうが美容医学の専門家なので安心はしますが、アレルギー反応などが出ても使用を中止するなどの対処法が薦められます。

今は情報化社会なのでインターネットでトレチノイン・ハイドロキノン治療法や効果的な使い方、副作用がどういうもので、好転反応がどうなのか、実際に体験している人の情報がたくさんネットで見ることができます。

自分で知識を得て勉強すれば、自宅で出来る治療法なので、海外個人輸入の通販サイトで購入しても個人の責任になりますが、シミ消し治療も格安で実践することができます。

個人的には、美容クリニックで数万円も出して購入してから、アレルギー反応や赤みが出たから中止しましたとなるよりも、海外個人輸入の通販サイトで格安で購入してパッチテストをするほうが、今後のためにもかなりいいのかなと思います。

そういった点で、私は海外個人輸入の通販サイトをオススメしているんです。

トレチノイン軟膏とハイドロキノンの治療法

ハイドロキノンとトレチノインの治療法

ハイドロキノンとトレチノイン軟膏の治療法は、美白スキンケア化粧品と違い、シミ、ソバカス、肝班、ニキビにお悩みの方なら、非常にビックリするくらいの改善効果があります。

トレチノイン軟膏はビタミンA誘導体の一種で、肌のターンオーバーを促進してメラニン色素を角質層から押し上げて剥がします。

トレチノインはもともと血液中にも微量ですがある成分なのでアレルギー反応はなく、塗布すると3~5日で多少赤みも出ますが、これは副作用ではなく好転反応になり、そのまま使用していけば数日で赤みは治まって表皮が緩やかに剥がれてきます。

ただ一点だけ注意ですが、抗癌剤や白血病治療で使われてるトレチノイン内服薬で催奇形性の恐れが見つかっていますので、外用薬では殆ど心配はないのですが、一応、妊娠中の女性は使用しないでください。

妊娠中でなければトレチノインは女性にとっては良い効果ばかりで、トレチノインには肌のコラーゲンの分泌も促しますので、肌にハリが出て、シワ、たるみ毛穴の開きの改善にも効果があり、若返りのアンチエイジングにも有効です。

併用使用すると効果的なハイドロキノンは、ご存知の通り、肌の漂白剤とも言われ、メラニン色素の元から漂白し、炎症性色素沈着、日光性色素斑(老人性色素斑)にも効果的です。

トレチノイン効果で皮膚を新たに作り出す際にでる炎症や赤みもハイドロキノンの鎮静作用がありますのでトレチノイン単体で使用するより効果的になります。

ハイドロキノンには副作用やアレルギー反応がありますが、日本人の肌にはハイドロキノン5%までだと、ほとんど副作用の心配がないと言われています。

はじめてハイドロキノンを使用する場合、濃度は2~4%のものがオススメです。

トレチノインハイドロキノンを購入する前に【2018年度版】トレチノインとハイドロキノン比較ランキングで失敗しない治療薬をチェックして♪

【2018年度版】トレチノインハイドロキノン比較ランキングはこちら

 

Eri Sugawara

Eri Sugawara美容ライター

投稿者プロフィール

福岡県出身。美容ライター。
自身の悩みを克服した経験を元に美容アドバイザーとしても活躍中。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る