トレチノインとハイドロキノンで美白の相乗効果に

トレチノインとハイドロキノンで美白の相乗効果に

美白治療法のトレチノインハイドロキノン療法を知っていますか。

美容クリニックや美容皮膚科でも推奨される美白治療法で、東京大学医学部附属病院の美容外科の吉村先生がトレチノイン療法として発表した事で一気に美容外科クリニックへと広がっていきました。

今では多くの美容外科クリニックで治療薬を使ったトレチノインハイドロキノン療法比較写真をブログやサイトに表示して、美白治療の集客をしています。

トレチノインハイドロキノン療法とは

トレチノインハイドロキノン療法とはトレチノインとはビタミンA(レチノール)誘導体の一種で、肌のターンオーバーを促進させ新しい肌を早く作る肌再生効果で角質がぽろぽろ剥がれるピーリング効果もあり、美容で使うのは外用薬です。

また過剰な皮脂の分泌も抑制して毛穴の汚れやニキビなど出来にくい肌にしたり、肌の内部でコラーゲンのい生成をサポートしてシワやたるみにも効果がある治療薬がトレチノイン。

単体だと美白効果は低いのですが、ハイドロキノンと併用するとハイドロキノンの弱点である浸透力の弱さをカバーして、真皮まで浸透していくので、ハイドロキノンの強力な美白効果を更にアップさせます。

使い方は2つの治療薬を塗るだけですが、治療開始後2~3週間は肌に赤みが出たり、皮膚がポロポロ剥がれたり、極度の乾燥状態になったりしますので、いつもよりも保湿ケアと紫外線対策が必要になります。

慣れないうちは夜だけ治療薬を塗り、慣れてきたら朝夕塗るほうが良い場合もあります。

治療期間は3ヶ月治療して2週間治療を止めるサイクルを1クールとします。

トレチノイン治療薬とハイドロキノン治療薬は、美容外科クリニックや皮膚科などで薬剤を処方して貰う必要があり、保険適応外なので月に3~5万円程、治療薬代として必要になります。

市販の薬局では購入出来ないのですが、個人輸入を利用することで、美容外科クリニックの10分の1程度で治療薬を購入することも可能です。

(BIHAKUEN)ハイドロキノン4%の最安値はこちら

(BIHAKUEN)トレチノイン0.1%の最安値はこちら

 

Eri Sugawara

Eri Sugawara美容ライター

投稿者プロフィール

福岡県出身。美容ライター。
自身の悩みを克服した経験を元に美容アドバイザーとしても活躍中。

この著者の最新の記事

関連記事

いま注目されている記事

  1. トレチノインで毛穴のデコボコ肌を解消するには
    ニキビの原因となる毛穴の汚れ、黒ずみを解消したいけど、何をどうすればいいのか迷っていませんか?効果の…
  2. スティーバaの口コミ効果と最安値で購入する方法
    美白化粧品の需要には、シミ、そばかすを消したいと悩んでいる女性も多いのですが、皮膚科でも治療薬として…
  3. 女性の薄毛治療をしたいと思っていて、パントガールに興味があるあなた。実はパントガールは全員に効果があ…
  4. 年齢を重ねるごとに気になる悩みが増えてくる、何かいい方法は無いのだろうかと思っているあなたへ、そろそ…
  5. バストトップを理想のピンク色にしたいなら
    雑誌のアンケート企画でもお馴染みの「女性のお悩み」第1位はバストトップ(乳首)の黒ずみで、毎回のよう…
  6. しみそばかすの口コミで最も効果的なケア方法は
    しみやそばかすが気になって消し去りたいと思うのは、多くの女性の悩みでもあると思います。 ただ美…
  7. オバジのトレチノインよりスティーバAの効果か?
    オバジのトレチノインを使用してトレチノイン酸の効果を実感したけど、値段が高いとおもったことはありませ…
  8. ハイドロキノン副作用の色素沈着とは
    ハイドロキノンの副作用で色素沈着がおこるのか、心配に思っているあなた。注意点を守ればハイドロキノンは…
  9. 陰部の黒ずみはハイドロキノンで
    身体の黒ずみは女性にとっても気になるテーマですが、陰部やデリケートゾーン、ビキニラインの黒ずみを改善…
  10. トレチノインハイドロキノンの使い方は
    東大の美容外科クリニックでも薦めている美白治療法のトレチノインハイドロキノン療法を知っていますか? …

オオサカ堂ランキング

ページ上部へ戻る